30代のスキンケアとは? - 30代からのスキンケア

30代のスキンケアとは?

30代になると「最近肌の衰えが...」と手を顔にあてて、鏡を見るたびにため息をしている方も多いと思います。
周りの20代の方と見比べると"違い"は明らかで、つい凹んでしまうものです。
その為にしっかりとスキンケアを施さなければとムキになるかと思いますが、変に気合を入れてしまうととんでもないことになってしまいます。

多くは30代から肌が衰えて老化が始まると思い込んでいるかもしれませんが、老化に関しては赤ちゃんから既に始まっています。
もっと言えばお母さんのお腹から生まれた瞬間から、始まっていると言っても良いでしょう。
ただ10代・20代の時点ではまだ気が付いておらず、30代になってようやく自覚しているにしか過ぎないのです。

衰えの原因となるのが、活性酸素です。
最近のスキンケア製品でも活性酸素を抑える成分が配合されているものが多く、それさえ使えばアンチエイジングになる可能性はあります。
しかしこの活性酸素自体を抑えようとするのならば、24時間365日息を止めて生活しない限りは不可能です。
つまり人間が息を吸って吐いて生活している以上は、活性酸素を抑えて老化を止めることは出来ないのです。

老化が進むと肌の水分量や潤いを保つ成分(セラミド)の量も、少しずつではありますが確実に減っていきます。
美肌に欠かせないコラーゲンも無くなってくるので、シワやたるみも目立つようになります。
また若い頃に浴びてきた紫外線が30代になると"表"に出てくるようになり、シミが増えてきます。
更に肌のターンオーバーもままならなくなるので、ニキビなどの肌トラブルも中々治らなくなってしまいます。

老化そのものを抑えることは現代医学をもってしてでも、不可能です。
しかし老化スピードを遅らせることならば、不可能ではありません。
20代のスキンケアが肌そのものに活力を与えることに対し、30代のスキンケアとは肌を労わり守ることにあります。
それが出来れば若々しいお肌をいつまでも保つことが出来るようになるでしょう。